川越・歯科|本川越歯科インプラント・矯正センター(西武本川越ペペ4階/10時~21時/祝日のみ休診)

川越の歯科・本川越歯科インプラント矯正センターへのアクセス 川越の歯科・本川越歯科へのお問い合わせ 川越の歯科・本川越歯科へのよくある質問 川越の歯科・本川越歯科へのアクセス 川越の歯科・本川越歯科インプラント矯正センター
HOMEスタッフ紹介料金表初診の方へ設備紹介

本川越歯科ブログ

歯科技工士という仕事

2014年3月3日


 

 

 

僕達、歯科医師は患者さんの虫歯を削って型取りをしてつめものを作ります。
しかし、皆様の歯を歯科医院では作る設備がありません。(一応、学生時代に簡単なものはひと通り作りますが、、、)
そこで型をとって模型になった段階で「歯科技工士」に製作をお願いします。

多くの場合、歯科医院で患者さんが歯科技工士と直接会う機会は少ないのですが、歯科診療では絶対に欠かせないとても重要な仕事をしています。
「つめもの」や「かぶせもの」を作る際、銀歯でもセラミックであってもそれは世界にひとつだけのオーダーメイドです。
そして、僕達、歯科医がどんなに頑張って虫歯をとって型取りをしても、歯科技工士さんの仕事の内容によってその治療の完成度は変わってきます。

「歯科医師が働いている所を歯科医院」、「歯科技工士が働いている所を歯科技工所」といいますが、最近ではコストを考えて海外の技工所へ歯を発注している歯科医院もあるようです。
当院では昔からのお付き合いをさせて頂いている信頼のおける歯科技工所にお願いをしています。

そして、「難しいさし歯」を作る場合には周りの歯の色、形、質感などを直接技工士さんに確認してもらい製作に入ります。
専門用語でこれを歯科技工士による「立会い」といいます。

写真は先日、技工士さんに立会いをお願いした時のものです。
患者さん自身の歯を持って帰って見ながら作ることは出来ないので
ただ単に写真を撮るだけでなく、患者様の歯を忠実に再現する為に必要な情報を様々な道具を駆使して集めていました。

自分自身が納得のいく治療ができ、さらには患者様が満足し、
その笑顔をいただいたときに僕達は仕事のやりがいを感じます。

しかし、その影には「歯科技工士」の方々の支えが必要不可欠です。
これからも力を合わせて皆様に喜んで頂ける治療を目指していきたいと改めて実感しました.