川越・歯科|本川越歯科インプラント・矯正センター(西武本川越ペペ4階/10時~21時/祝日のみ休診)

川越の歯科・本川越歯科インプラント矯正センターへのアクセス 川越の歯科・本川越歯科へのお問い合わせ 川越の歯科・本川越歯科へのよくある質問 川越の歯科・本川越歯科へのアクセス 川越の歯科・本川越歯科インプラント矯正センター
HOMEスタッフ紹介料金表初診の方へ設備紹介

本川越歯科ブログ

治療後の歯の痛み

2013年9月28日



 

『銀歯が取れて歯医者に行ったら削られて急に痛くなった。』『治療前はしみなかったのに治療後に冷たいものがしみる。』

もしかしたら、、、 「まだ虫歯が残っているのでは?」「削り過ぎているのでは?」 といった不安をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

このような質問は実際よくされます。 しかし、この様な症状は歯科治療ではよくあることなのです。

例えば、体にガンがみつかり症状はないけれど手術で切除したとします。術後はその傷が癒えるまでしばらく痛むでしょう。

歯も小さいですがそれと同じです。 小さな虫歯で「エナメル質」と呼ばれる歯の1番外側の硬い部分(ここには神経がありません)だけを削った場合は、髪の毛や爪を切っているのと同じことなので痛みはありません。

しかし、それよりも深い虫歯になるとその下にある「象牙質」(ここには神経があります)を削ることになります。 すると、削って始めて傷口ができるので、その傷口が癒えるまで痛んだり、しみたりすることがあります。

つまり、歯の神経の本体(歯髄)までの距離が近くなればなるほど治療後に痛むリスクがあるのです。

では、どうすれば痛くなくできるの???という質問がでるでしょう。

勿論、治療後どうしてもしみる事を避けるのであれば、最初から神経を抜くという方法もありますが、歯は神経がなくなると非常にもろくなり、歯の寿命も短くなるというデータが出ています。

ですので、治療後に痛みがでてしまうのは心苦しいのですが、我々歯科医師はできる限り神経を残す治療を心がけています。 少しでも不安な点がございましたらお気軽に御質問下さい。