川越・歯科|本川越歯科インプラント・矯正センター(西武本川越ペペ4階/10時~21時/祝日のみ休診)

川越の歯科・本川越歯科インプラント矯正センターへのアクセス 川越の歯科・本川越歯科へのお問い合わせ 川越の歯科・本川越歯科へのよくある質問 川越の歯科・本川越歯科へのアクセス 川越の歯科・本川越歯科インプラント矯正センター
HOMEスタッフ紹介料金表初診の方へ設備紹介

本川越歯科ブログ

根管治療(根の治療)の器具

2016年1月29日

IMG_9145

歯科医院で根の治療経験がある方のほとんどが目にした事のあるこのカラフルな器具は一体何に使われているのでしょうか?

根管治療の基本はまず、根の中の感染・汚染した部分を清掃(削りとる)することです。
根管とは、歯の中の神経と血管が存在する細い筒状のものになります。
この穴は、歯の場所によりメインのトンネルの数がだいたい決まっていますが奥歯に行くに従って複雑な形態になっています。
※ちなみに前歯の根の治療よりも奥歯の根の治療に時間がかかるのはその為です。

その根管の中をさぐるには、リーマーというドリル状のミゾでヤスリがついていた針金状の器具を使います。
この細いリーマーで、歯の根をさぐり、神経・血管の切断や内部の清掃をしていくのが「根管治療」です。
このリーマーの持つ部分はその「太さ」によって色分けしてあり、歯科医が視覚的に器具の太さを判断出来るようになっているのでカラフルになっているのです。

「この器具は何に使うの???」

などの質問もお気軽にお申し付けください!
何でもお答えします(笑)