川越・歯科|本川越歯科インプラント・矯正センター(西武本川越ペペ4階/10時~21時/祝日のみ休診)

川越の歯科・本川越歯科インプラント矯正センターへのアクセス 川越の歯科・本川越歯科へのお問い合わせ 川越の歯科・本川越歯科へのよくある質問 川越の歯科・本川越歯科へのアクセス 川越の歯科・本川越歯科インプラント矯正センター
HOMEスタッフ紹介料金表初診の方へ設備紹介

本川越歯科ブログ

日本口腔インプラント学会学術大会に参加しました。

2016年9月24日

本川越歯科院長の鈴木です。
9月17.18日に名古屋国際会議場でおこなわれた日本最大のインプラント学会に参加しました。
やはり日本最大規模の学会だけに全国からたくさんの歯科医師が参加していました。
今回、親戚である朝日大学歯学部インプラント科教授である永原先生が学会の大会長とのことで、懇親会に参加し今の歯科医療について、そして常に最新の技術を学び続けることについて久しぶりの再開でしたが色々教わることが出来ました。
ff60811e-8f1b-4608-ab00-19620b420856
左は懇親会での親戚である永原教授とのツーショット。少しネクタイを緩めていますがお許しください。。。
右は大会長挨拶のときの写真です。懇親会では著名な先生方がたくさんいて正直肩身が狭かったですが、親戚が大会長とのことでお話させて頂いて色々勉強になりました。

学会会場では大田区の歯科医院で院長をしている大学時代の後輩と遭遇し、共にインプラント義歯について、インプラント埋入のための適切な骨質の評価について学びました。
後輩ではありますがともに学び、議論しあうことも大切であると実感しました。
img_1280

歯科医師は常に新しい技術を学び続けなければならないと著名な先生方がおっしゃっていました。それが患者さんのためになると信じて一生懸命励んでいきたいと改めて思いました。これからも頑張って患者さんのためになる治療を提供していけたらと思っています。

次回は歯周病学会や歯周病の勉強会等で学んだ「歯周病」について、お話していきたいと思います。